北国の丸坊主

真面目な事がひとつも書けん

ハイスペックなフリして便座が冷たいトイレは許せない。

 

f:id:slipk-not136:20190101180729j:image

綺麗な壁紙、掃除の行き届いた床、清潔感のある手洗い場、ウォシュレット機能あり、

 

しかし、便座の暖房機能がない

 

 

そんなトイレをしばしば見かける。

 


座った瞬間、怒りが爆発する。

 


私は幼少期から、

『用を足す時は座ってするように』

という英才教育を受けている。

 


そのおかげで、今ではすっかり座ってする派で、大小関係なく、優劣なく、どんなトイレでも座って用を足す。

 


明らかに、形状から冷たさを醸し出している便座には、それなりの覚悟をもって座るので、憤りを感じることはない。

 

しかし、上記のようなハイスペックな雰囲気を演出しているにも関わらず、便座は冷たい。

 

この矛盾に、驚き、より冷たさを感じて、最終的には怒りに変わる。

 

『予想外の冷たさ』


これがより骨身に染みるのだ。

 

これは、

この荷物重いだろうなぁと予想して持つと、意外と軽く、グインっとなってしまう程に予想外。

 

飲みの席、とある話題で大盛り上がり。
『こりゃ、何を言ってもウケるぞ』という空気感の中、自分が発した一言で一気に笑いが消失する程に予想外。

 

裏切られた感が凄まじい。

 


まぁ、私も30年近く生きているので、大概の便座は冷たいか温かいか、瞬時に見た目で判断出来るようになっている。

 

なので基本的に、冷たいと思われる便座に座る際は、ケツ筋に力を込めてカチカチの状態にし、便座に一度に触れる表面積を最小限に抑えつつ座る。

 


もちろん温かいと確信した便座には、そんな小細工なしにドシンと座る。

 

 

このようにして、冷たい温かいを瞬時に見分け、適切な対処を行う。

 


しかし

 

問題はハイスペック風トイレ。

 


確かに、脳みそレベルでは一瞬迷う。


『これは、冷か…温か…』


しかし、猛烈な便意と、これまで培ってきた目利きへの奢りで、冷たい便座にドシンと座ってしまうことがある。

 

冷たさが全身を駆け巡る。

 

私のような肌ツヤの良い美尻は、熱伝導率がハンパなく、冷たさは心臓、脳を駆け巡り、精神的にも冷え込んでしまう。


最終的には、怒りを通り越して、落ち込む。

 


『トイレに騙された…』
『トイレに負け……………さびしいぃ…』
『自分はひとりぼっちだ…』

 

 

などと、自分が人生で獲得してきた方法論や人脈の全てが幻で、世の中の全ての事象や人間が、自分を祭り上げていただけなんだ。


昨日笑いながら話したあの人は、今日自分の事を一切考えていないんだ。

 

 

と思い馳せながら、ケツが温まるまで耐えるのだ。

 


これだから、冬は嫌だ。

 


世の中の嫌な出来事は、だいたい全て寂しさに行き着く。

 

 

せめて、

 


そんな寂しさに寄り添う温かい便座であってくれ。

歩きスマホがダメで、なぜルービックキューブは良いのだ?

f:id:slipk-not136:20181230000054j:image

先日、近所を散歩していると、前方から歩いてくるおじさんがルービックキューブをしておりました。

 

『変わった人だなぁ』

 

と思い、その場は終わりましたが、よくよく考えると歩きスマホが社会問題となる中、『歩きルービックキューブは如何なものか?と

 

 

沸々と怒りというか、疑問というか…

 

『お巡りさん、コイツです。』

 

という感情が湧き上がってきたのです。

 

 

なぜ歩きスマホが社会問題とまでなっている中で、ルービックキューブがおとがめなしなのか。

ニュースで取り上げられないのか。

理解が及ばないのです。

 

 

どうやらルービックキューブは法律の穴をすり抜けているようなので、憲法改正の一助となるべく、いかに歩きルービックキューブが危険かを歩きスマホ的観点から解き明かしたいのです。

 

そして

 

あのルービックキューブおじさんを次に発見した際は、胸をはって警察へ突き出すのです。

 

 

 

歩きスマホが問題となった原因は、大きく分けて3つあります。

 

  • タッチ操作
  • リアルタイム性
  • 普及率

 

です。

 

 

まず

タッチ操作

一昔前のガラケーであれば、ボタン操作でブラインドタッチがしやすかったですが、スマホのタッチ操作ではそれが不可能なため、より画面に集中する必要があります。

 

ルービックキューブも同様で、余程の達人でない限り、ブラインド操作は不可能です。

そして、あのおじさん。

ダックスフンド並みの小股で歩き、手の動きは鈍く、深く思案している様子でした。

 

よってあのおじさんは、他の歩行者に衝突する危険性がある、初心者ルービックキューバなのです。

 

 

 

 

次に

リアルタイム性

スマホではツイッターフェイスブックなど、リアルタイムに更新されるSNSが広く使われている為、確認頻度が高いです。

 

 

そして、ルービックキューブ

 

 

更新頻度が高い……どころか、自らが更新し続けなければならない。

 

 

スマホどころの話じゃないです。

 

 

視野制限、注意散漫、知的興奮。

危険な3要素が集約されています。

 

 

またこの知的興奮状態。これがヤバイ。

 

ツイッターフェイスブックでも、この知的興奮を味わえるのは、余程のバズり記事くらいでしょう。

 

 

それをあのおじさんは、ルービックキューブを解き、常に知的興奮状態を保ったまま歩いているのです。

 

 

『でぇへへっ笑、分かった。こうかな?コッチかなぁ?』

『あぁあぁ、分かった。いける…イケるぞぉ♡』

 

 

 

もう変態です。

『お巡りさん、コイツです。』

 

 

脳の喜びが漏れ出ているのです。

ただの変態です。

『お巡りさん、コイツです。』

 

 

歩きルービックキューブ以外にも余罪がありそうな気配がプンプンします。

 

 

よってあのおじさんは、他の歩行者に衝突しつつ、その勢いでラッキーおっぱいを企む変態ルービックキューバなのです。

 

 

 

 

最後に

普及率

これについては、日本社会そのものに苦言を呈したいところです。

歩きスマホが社会問題として目立ったのは、スマホの普及率が高いことがあります。

 

確かにルービックキューブをしながら道を歩く』という人物に出会う事はなかなか無いでしょう。

しかし、上記でお伝えしたように、歩きスマホと同様の危険性を孕んでいるのです。

 

他にも、

 

読書をしながら歩く人

2人で爆笑しながら歩くマイメン女子高生

鏡で顔面の仕上がりを確認しながら歩く女子

 

など、全て

『歩き二宮金次郎

『歩きマイメン』

『歩く顔面』

 

となり、社会問題となり得るのです。

普及率の低さから、世間に認知されない問題を軽視するのは良くありません。

 

 

まずスマホの普及を誰がどこまで予想出来たでしょうか?

歩きスマホが社会問題となる事を誰が予想していたでしょうか?

 

 

ルービックキューブもかつては一世を風靡したものです。

 

タピオカだってまた流行り始めてるでしょう?

 

 

歩き〇〇の〇〇には、まだまだ事故に繋がる事象が存在するのです。

 

 

 

 

 

 

 

まとめると

 

 

 

『普及率が低い事象にも、歩きスマホと同様の事故を引き起こす要素がある』

ルービックキューブやりながら歩いてるような人物はまともじゃない』

 

ですかね。

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

 

 

 

 

 

もしスマホが普及してなかったら、お前ら全員まともじゃない。

 

 

っていうね。

 

ウチの風呂場はちょうキレイなのです。

 

f:id:slipk-not136:20181224002359j:image

ウチの風呂場に謎の蝶々がやってきました。

 

 

 

私は、

『まぁ、可愛らしいこと。それにオシャレで、真っ白なお風呂場の壁にピッタリだわ』

などと考え、湯船につかる時はその蝶々を眺めながら、1日の疲れを癒します。

 

 

たまに蝶々にシャワーを浴びせたりして、ちょっかいをかけ楽しんでおりました。しかし蝶々は微動だにせず、ただそこにいるのです。

 

羽ばたく素ぶりは見せません。

 

ただジッとそこにいるのです。

 

いつもと変わらぬ日常に、ふいにやって来た蝶々。

 

いったい何をしに私の家に来たのでしょう。

 

私は、それからも毎日蝶々を眺め、シャワーをかけて遊ぶのです。

 

1週間ほど経ち、蝶々もすっかり家族の一員。

 

風呂場に蝶々がいるのが当たり前になって来ました。

 

『いつもと変わらず蝶々がいる日常』

いつの間にやら、そんな日々がスタートしていたのです。

 

 

 

が、しかし

 

 

 

蝶々が来てから2週間ほど経過したある日。

 

 

ある異変に気付いてしまったのです。

 

 

 

『いつもと変わらない日常』?

 

 

 

たしかに、いつもと変わらない…

 

 

 

 

いや、でもおかしい…

 

 

 

 

なんだこれは………

 

 

 

おかしい…!

 

 

 

 

変わらなすぎる!

 

 

 

 

変わらなすぎるぞ?!!

 

 

 

 

カビがまったく生えないではないか!

 

 

 

 

まったくカビが生えていない!!

 

 

 

なぜだ?!

 

 

何が起きている?!

 

 

最後に風呂掃除をしたのは確か2週間ちょっと前…

 

 

通常であれば風呂場の角にカビが発生していても良いころだ。

 

 

私は2週間前から今までに何か特別な事をやったか?

 

 

 

 

いや、何もしていない!

 

 

 

私は一人暮らしだ!

誰かが掃除するなんてあり得ない。

そんなことあってはならない!

 

 

 

まさか……(ゴクリ)………

 

 

 

誰か…いる?

 

 

 

そんなはずはない…

 

 

イヤだ…

 

 

誰だ…

 

 

 

出てこい…!

 

 

 

 

今すぐ警察に突き出してやる!!

 

 

…どこだぁ…

 

 

 

 

…はぁ……はぁ…

 

 

 

 

 

はっ……

 

 

 

 

に…しゅう……かん………まえ?

 

 

 

 

 

 

f:id:slipk-not136:20181223223255j:image

 

 

お前…なのか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっか、ありがとう。

 

f:id:slipk-not136:20181224003157j:image

・製品:お風呂のカビ ちょうキレイ

・効果:消臭抗菌(カビ抑制)

・持続期間:2ヶ月

 

 

 

あと1ヶ月とちょっと、よろしくお願いします。

モテたい衝動が爆発するラーメン屋が近所にあるのです

 

 

『こちらの席へどうぞ〜』

 

近所のラーメン屋では、店に入るなり店員さんが席へ誘導してくれます。

 

とても明るく親切な店員さんばかりです。

 

雰囲気も活気があって素晴らしいです。

 

 

…が、なぜでしょうか?

 

 

なぜ私はこんな気持ちになっているのでしょうか?

 

 

『好きな席に座りたい…』

 

 

突如こんな衝動に襲われます。

 

 

席への誘導をガン無視して、どしんと好きな席に座り、店員さんが

『あのぉ〜、お客様すいませ…』

と近寄ってきた所に、引くほどのキメ顔で

『バリかたで!!』

かましてやりたい。

 

 

こんな衝動に襲われるのです。

 

 

いったい私はどうしてしまったのでしょうか?

 

 

相当なストレスが溜まってるんでしょうか?

 

 

店員さんに横柄な態度をとる男は総じてクズです。これではモテません。

 

 

こんな男がモテるという情報はどんだけネットサーフィンを繰り返しても擁護する人間すら現れませんでした。

 

 

私の場合はまだ未遂なので、この非モテ男に該当するかは分かりませんが、もしも虫の居所が悪ければ、違う席に座りバリかたコールをかましていたかもしれません。

 

 

非常に危険です。

 

 

モテたいです。

 

 

好きな席に座った瞬間、バイトの女の子からはヤバい奴に認定され、ワンチャンすら逃してしまう可能性があります。

 

 

が…

 

 

好きな席に座りたいのです。

好きな席に座りたいし、この店のラーメンを食べたいのです。

 

 

こうして私は

『モテたいのに食べたい』

という意味不明な状態に陥っているのです。

 

 

『モテる』『食欲』

 

この2つは生物学的観点から考えても究極の選択です。

モテることを優先すれば飢餓状態に陥り、食欲を優先すれば子孫繁栄の妨げになります。

 

 

 

 

 

え、何ですか?

 

『ラーメン以外を食えば良いだろう』

そのようなチープな質問には、このような答えが適切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

『私はすでにラーメンの口になっている』

 

 

なので、ラーメン以外は受け付けません。

 

 

1日汗水垂らしてながら労働し、帰宅準備をしている時にふと『ラーメンが食べたい』と思ってしまったのです。

 

 

この段階ではモテるモテないなどは一切考えておりません。ラーメンのことで頭がいっぱいになっています。

 

 

そしていざ店に到着し、ラーメンにありつける事に安堵した瞬間には、モテたいという潜在意識が目覚めているのです。

 

 

そこにすぐさま

『こちらの席へどうぞぉ〜』

が飛んでくるわけです。

 

 

好きな席に座りたいのに…

 

 

この苦しみが分かるでしょうか?

 

 

 

このラーメン屋と末長い付き合いをしていくためには

『誘導を無視して好きな席に座りつつ、ラーメンを美味しく食べ、かつモテる』

方法を考えなくてはいけません。

 

 

 

 

手順としては

まず、席への誘導を無視した段階で怪しまれるのには、一旦耐えます。

 

 

そして、ここからが本番です。

ここで自分の身体的特徴を活かします。

 

私は身長178cmの体重60kgという、いわゆるガリガリ体型です。

 

そんな私が替え玉を2回、3回と注文するとどうでしょうか?

『おや?』と思うのではないでしょうか?

 

 

そして、バイトの女の子たちも

 

 

『この人、痩せてるのに意外と食べるのねぇ……』

 

『え?替え玉3回目?!、普段どんな食生活をしているのかしら……』

 

『追加で餃子も?!!!、痩せてるのになんて素敵な食べっぷりなの!?

 

というふうになるわけです。

デブが大食いするのとは印象が雲泥の差です。

 

 

完璧な作戦ではないでしょうか?

 

ラーメンをお腹いっぱい食べ、好印象を与える事ができるのです。

最初に席の誘導を無視した事なんか綺麗サッパリ忘れ去られているはずです。

 

 

 

そして最後にブラックカードでお会計すれば、そのままベッドインです。

ボンビーガールの上京ガールを見るたびに親心が芽生えていくのが分かる。

 

最近、

『ボンビーガール』という番組の『上京ガール』というコーナーにどハマりしております。

f:id:slipk-not136:20181215223244j:image

 

『上京ガール』は、目標や夢を持った20歳そこそこの女の子達が、地方から都内に引っ越しをするところを追うドキュメンタリー的コーナーです。

 

このコーナーの何がそんなに魅力的か。

 

それは

とにかく『心配』という所です。

 

道に迷わないか?

不動産屋に騙されないか?

不審者に絡まれないか?

 

とにかく心配です。

親御さんの勇気と我が子への愛情に尊敬の念すら覚えます。

 

 

特にメインの物件探し。

 

 

私は不動産屋が悪巧みをしていないか目を光らせます。

 

『おい、この不動産屋えらい若造じゃねぇか?!変な物件紹介しないだろうなぁ?』

 

『おいおい、風呂トイレ別が良いって言っただろぉがよ!』

 

『おいおいおい、外に洗濯機があるなんて、下着泥棒にでもあったらどうすんだぁこの野郎。オメェ盗むんだろ?!絶対そうだろ?!』

 

 

という具合で厳しく監視の目を光らせております。

 

気持ち悪いくらいのどハマりっぷりです。

私自身も親御さんに警戒される恐れがあります。

 

でも、それほど心配になるくらい、女の子達が純粋なのです。

 

 

そして、一番の問題はやはりお金です。

 

『この駅の周辺に住みたい』

『こういう家が良い』

 

様々な希望がありますが、どうしても経済的に厳しく、妥協せざるを得ません。

その妥協する姿に過去の自分を思い出し、痛く共感するのです。

『いやぁわかるわぁ〜、そうだよなぁ…』

と思わずにはいられません。

そして、救いの手を差し伸べたくなるのです。資金援助したくなるのです。

 

キモいくらい応援したくなるのです。

アイドルオタク状態です。

 

 

そんなわけでして、誰もが

『なんとか応援したい』

『自分に何ができるんだ?』

『そうだ、この番組を見続けよう。来週も再来週も、その次も』

となるわけです。

 

なぜなら、上京ガールでは上京の様子を撮影するお礼として、番組から女の子に10万円が渡されます。

なので番組が長く続いていけば、より沢山の女の子達が夢に向かってスタートダッシュを切れるのです。

 

そして、長寿番組となり視聴者も一緒に歳を重ねる事で、親心がみるみる増幅していき、ますます魅力にハマっていくでしょう。

 

視聴者の親心に訴え、なおかつ親心を育てる役割も果たし、さらに若者の夢も応援するスゴイコーナーなのです。

 

こんな平和なことがありますか?

 

こんな好循環がありますか?

 

このコーナーを作った作家さんは天才でしょう。

少子高齢化に伴い、若者が年長者を支える社会である中、年長者が若者を支え、応援する流れを今作り上げようとしているのです。

 

このような考えを持っている方が居てくれることに、本当に感謝しています。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼に実家から送られてきたタマネギあげます。

 

 

マジで食い切れん…誰かお礼させてくれ

 

 

首都高の渋滞って人生ぶち壊すくらいヤバいよね

ホントもうあまりの渋滞に車の中で吐きそうになりましたよ。

 

んでもって、仕事に間に合わない事が確定したもんで

『このまま海にでも行っちゃおうかなぁ〜』

なんて思ったりしまして。

 

まぁ、仕事自体は先輩の助けで何とかなりましたけど。

 

やめて欲しいですよね。

ホントに良い迷惑ですよ。

 

私は悪くないですよね?

だって、渋滞ってみんなが居てこそ起こる現象でしょ?

私が悪いなんて、お門違いも良いところです。

 

みんな渋滞情報見てないんですかね?

普通の人は渋滞情報を確認して、別ルートを選ぶんですよ。

それを何ですか彼らは。

渋滞情報を見たのか見てないのか知らないですけど、フラフラとやってきて次々と渋滞の列に並んで来るわけです。

 

愚かですよ。

そんな愚か者達が発生させた渋滞によって私は仕事に遅刻してしまったわけです。

 

 

『お前も渋滞情報見れば良いだろ!』って?

 

 

何を仰いますか、私は生粋の田舎者ですよ?

 

関東圏の高速道路を理解できないままカーナビの指示通りに運転してるんです。

可哀想だと思いませんか?

 

カーナビの野郎に渋滞に誘導されたんです。いつもは丁寧に教えてくれるのに、今日は機嫌が悪かったんでしょうか。

それかブラック企業で働く労働者のように、会社が1番困るタイミングで辞めてやる的な感じで、『時は来た!』と渋滞へ誘導し、私の人生を破滅させようとしたのでしょうか。

 

 

まぁでも、私も一応出発前に渋滞情報は見たんですよ。

でも渋滞情報を見たところで解読不能なわけです。

 

 

『なんかここが真っ赤だなぁ〜、すごいなぁ』

なんて思ってたら、いつの間にやら自分もそこに向かっているではありませんか。

 

気づいた頃には手遅れでした。

 

それくらいの田舎者なんですよ。だから怒らないで下さいよ。むしろ可哀想でしょ?

 

『怖かったねぇ〜』ってヨシヨシして欲しいです。

 

 

ホントに首都高は田舎者をエサにしてますね。

あそこには田舎者の屍がゴロゴロと転がってますよ。

 

エベレスト山頂付近には回収できない屍が沢山あり、登山家達はそれを横目に登頂を目指します。

それと同じように、普段首都高を使っている方達は、その屍を踏み越えて仕事に向かっているんです。

 

恐ろしいほどの情熱です。狂おしいほどの執念です。

おそらく彼らは『このまま海にでも行っちゃおうかなぁ〜』なんて1ミリも考えないんでしょう。

彼らは渋滞中も脳みそフル回転で、プレゼンのシュミレーションを繰り返し、改善案をひねり出し、企業というエベレストの山頂を目指しているのです。

 

 

そして私は

彼ら猛者達の荒波に飲まれ、仕事に遅刻してしまったのです。

 

本当にすいませんでした。次から気をつけます。

【とりあえず使え】すかいらーくクーポンの鬼のような神っぷり

 

 

クーポンを普段使っていない方は

 

『使い方がよく分からない』

『クーポン使うのってなんか恥ずかしい』

『食べたい物のクーポンがなくて…』

 

といった理由で

なかなかクーポンを習慣化できないのではないでしょうか?

 

 

この

分からなさ

恥ずかしさ

制限性

 

 

全てを解決するのが、

すかいらーくアプリ』です。

f:id:slipk-not136:20181208131802p:image

 

 

最初に言います。

 

私はただのファンです。たかがファンです。

ですがクーポンを使い始め、そのお得感とクーポンを使う快感から、紹介せずにはいられなくなりました。

 

 

このすかいらーくアプリは

 

ガスト

バーミヤン

ジョナサン

グラッチェ

夢庵

しゃぶ葉

 

など

 

すかいらーくグループが鬼のように経営する複数の店舗のクーポンが、ひとつのアプリに凝縮されているという、鬼のような神アプリです。

鬼すぎて神です。

ほぼ地獄先生ぬ〜べ〜です。

地獄先生ぬ〜べ〜的な優しさと、時折怖くなるくらいのお得さです。

 

 

基本的に50円〜100円ほど安くなりますが、セールがあり、249円のアイスが99円で食べれたりします。

かなりお得ですよね。

 

 

使い方は実に簡単。

 

 

最初に、あなたがよく行く店舗を設定します。

 

1.『設定』を押す。

f:id:slipk-not136:20181208164812p:image

 

2.『編集』を選択。

f:id:slipk-not136:20181208165050p:image

 

3.お好きな店舗をチェック

f:id:slipk-not136:20181208165255p:image

 

 

実際に使う時は、

 

 

1.アプリ起動

 

2.下部の『クーポン』からクーポン画面へ

f:id:slipk-not136:20181208133941j:image

 

3.注文時、店員さんに携帯画面を見せ、クーポン番号を伝える

f:id:slipk-not136:20181208133409j:image

 

これだけでOKです。簡単じゃないですか?

 

しかも、一度に使えるクーポンに制限はありません。

なので、フライドポテトとドリンクバーの両方をクーポンで割り引くことなんかも可能です。

 

また

 

『なんか使うのが恥ずかしい』

 

という理由で存在を知っていても使っていなかった方もいると思います。

 

 

が、しかし

 

 

安心して下さい。

 

 

今年3月時点すかいらーくアプリの前身であるガストアプリでは、1200万人のユーザーがいたとのこと。

 

 

1200万人ですよ。

 

 

ほぼ東京の人口と同じです

 

 

 

みんなこっそり使っているんです。

言ってよぉ〜って感じですよね。

 

 

そして

 

 

『食べたい物のクーポンがない…』

 

そんなあなたにこそ、

この鬼のような神アプリが本領を発揮し、一番の旨みを見せるのです。

ぬ〜べ〜的には鬼の左手炸裂です。

米津玄師的には、フラフラフラフラミンゴです。もしくは、『あ〜〜はぁっ⤴︎!』の部分です。

 

 

あらゆる店舗のクーポンが詰まっているので、

『中華が食べたい』

『イタリアンが食べたい』

『和食が食べたい』

 

その日の気分に合わせた食事でクーポンを使うことが出来るのです。

 

 

このように、

使いやすさ

認知度

自由さ

を兼ね備えたのがすかいらーくアプリ』です。

 

 

ぜひ一度お試しいただきたいです。

 

 

 

現場(ガスト)からは以上です。