北国の丸坊主

真面目な事がひとつも書けん

壁にぶち当たっている

今やもう 日本一の ラッパーの 彼が過ごした 帰宅部時代

サラリーマン

あの進路指導の先生が うちの下請けに転職したようだ

晩酌はまだ終わらない

何気なく 付けたテレビで 何気なく 見るサッカーを まだ見たかった

いなくなる

葉が落ちて 影は広がり着地して最大になる 見えないほどに

前日

酔いつぶれ 呪縛がとけて眠るとき 足は頭に 頭は足に

サラリーマン

〇〇と それから〇と 〇〇と あとひとつ何かあったら泣く

睡眠と食事のあいだの夜

手のひらに乗せた豆腐を切るように頬張りみたす この愛欲を

大人

あのころは みかん1個を ひとくちで 食べる才能なんてなかった

そんなもん

ひとくちで バームクーヘン の穴まで たどり着かない そんな気もない

シンプルに生きる

まさかねぇここにきて染みてくるとは『元気があればなんでもできる』

交差点

右折禁止の左折側でパトカーに乗って語らう子の成長

ドライブ

オリジナルソングをつくる鼻歌は いつも存在しない音階

電車

7人がけを3人で等分し 少し沈むこちらを見おろす

サラリーマン

針のない疑似餌を眺め 僕たちは 食らう魚か その釣り人か

壁にぶち当たっている

『夜露死苦』の言葉に感じるヤンキーの見えない葛藤まだ家はある

愛とか

やさしさが少し無情だったかな 解いた三つ編みから落ちるハエ

睡眠と食事のあいだの夜

ドップラー効果にさわぐ 遠いあなたにさわぐ内臓

電車

いっせいに スマホに何をうつしたら 皆が笑うか 満員電車

童貞

黒ギャルが 丹精込めた ポケモンに 一瞬とらえる 一筋の光

交差点

信号の 青か赤かは 別にして よろめき歩く 目の前のぼく

電車

ガラ空きの 優先席に 座り込み 特別になる 明日は休み

電車

眼球の真下に日差しが来ているが胸を張ってる。眩しくなるまで

新元号決まったね

令和 ちょっと慣れるの時間かかりそう。 あと、自分滑舌悪いんで、呂律回ってない感じになりそう でも良いでしょう

新しいブログを立ち上げては消し、また立ち上げては同じような記事を書く。

こんなに人間らしいブログはない。 毎日ブログを書く大変さを綴りながらも、毎日欠かさず更新している人は、本当にスゴイ。 こういうブログは、ブロガーの原動力、継続力につながる。 そんな中、消しては新しいサイトを立ち上げ、以前と同じような記事を投稿…

ハイスペックなフリして便座が冷たいトイレは許せない。

綺麗な壁紙、掃除の行き届いた床、清潔感のある手洗い場、ウォシュレット機能あり、 しかし、便座の暖房機能がない。 そんなトイレをしばしば見かける。 座った瞬間、怒りが爆発する。 私は幼少期から、 『用を足す時は座ってするように』 という英才教育を…

歩きスマホがダメで、なぜルービックキューブは良いのだ?

先日、近所を散歩していると、前方から歩いてくるおじさんがルービックキューブをしておりました。 『変わった人だなぁ』 と思い、その場は終わりましたが、よくよく考えると歩きスマホが社会問題となる中、『歩きルービックキューブ』は如何なものか?と 沸…

ウチの風呂場はちょうキレイなのです。

ウチの風呂場に謎の蝶々がやってきました。 私は、 『まぁ、可愛らしいこと。それにオシャレで、真っ白なお風呂場の壁にピッタリだわ』 などと考え、湯船につかる時はその蝶々を眺めながら、1日の疲れを癒します。 たまに蝶々にシャワーを浴びせたりして、ち…

モテたい衝動が爆発するラーメン屋が近所にあるのです

『こちらの席へどうぞ〜』 近所のラーメン屋では、店に入るなり店員さんが席へ誘導してくれます。 とても明るく親切な店員さんばかりです。 雰囲気も活気があって素晴らしいです。 …が、なぜでしょうか? なぜ私はこんな気持ちになっているのでしょうか? 『…

ボンビーガールの上京ガールを見るたびに親心が芽生えていくのが分かる。

最近、 『ボンビーガール』という番組の『上京ガール』というコーナーにどハマりしております。 『上京ガール』は、目標や夢を持った20歳そこそこの女の子達が、地方から都内に引っ越しをするところを追うドキュメンタリー的コーナーです。 このコーナーの…

首都高の渋滞って人生ぶち壊すくらいヤバいよね

ホントもうあまりの渋滞に車の中で吐きそうになりましたよ。 んでもって、仕事に間に合わない事が確定したもんで 『このまま海にでも行っちゃおうかなぁ〜』 なんて思ったりしまして。 まぁ、仕事自体は先輩の助けで何とかなりましたけど。 やめて欲しいです…